女性の薄毛に効くシャンプーはこれがおすすめ

朝シャンは薄毛になる?

 

 

薄毛に悩む人は、頭皮を清潔にすることで改善できるということを知っていることが多いです。しかし、間違った知識でそのまま実行してしまうことで、思いもよらない結果になってしまうことも少なくありません。

 

たとえば、朝シャンは失敗のもとです。毎日キレイにすることでいい印象のある朝シャンですが、これによって薄毛になってしまうこともあるのです。キレイにしようと思い、あまりに頻繁にシャンプーをしていると、皮脂が過度に落とされてしまって問題が生じます。他の皮膚でもそうですが、皮脂は乾燥を防ぐために出ているもので、これが無くなると皮膚が乾燥し、刺激に弱くなってしまいます。

 

皮脂があまりに頻繁に落とされると、体は何か異常事態だと思って、皮膚を守るために頑張って皮脂を放出するようになり、余計に皮脂の量が増えて詰まりのもとになってしまうのです。皮脂を取り除くよりも、しっかり乾燥を防ぐためのアプローチが必要です。

 

また、頭皮は紫外線など外部刺激から頭皮を守るために皮脂でできた膜を作っています。しかし、朝シャンによってこの膜を失ってしまい、そのまま紫外線が降り注ぐ外の世界へ出てしまいますから、頭皮が危険にさらされてしまうのです。ということで、洗うのであれば朝よりも夜がいいということなのです。

 

また、朝は毛穴が開いている時間帯で、シャンプーによって汚れが落としやすいのですが、逆に皮脂を過剰に落としやすい時間帯でもあります。また、皮脂が落ちた後も毛穴は開きっぱなしですから、外部の刺激に一層弱くなってしまうのです。以上のことから、朝シャンは危険なので薄毛の人はなるべく控えた方が良いでしょう。

 

薄毛とはどんな症状?

 

薄毛で悩む人は多いと思いますが、実は薄毛には明確な定義がありません。ですから、自分が薄毛だと思っても、他人から見たときには薄く見えないということも少なくありませんし、その逆もまたしかりです。

 

一般的に、健康的で若い人の頭皮からはたくさんの髪の毛が生えているものです。しかし、薄毛の人の場合には、それよりもずっと少ない、割合でいえば三分の一から五分の一くらいの量だったりします。ひとつの毛穴から複数の髪が生えているのが普通なのですが、毛穴ひとつから一本しか髪の毛が出ていない、そういう状態なら薄毛と考えてもよいでしょう。

 

また、ある調査では薄毛であると自分が意識する人は、おでこの広さが7cm程度からなのだそうです。単純におでこの面積が造形として広い場合もあると思いますが、このくらいになると広さを目だって感じて気にしている人が多いということでは、これもまた薄毛と呼ぶことができるでしょう。

 

こうした前頭部の傾向は女性でも同じであり、女性の中でも薄毛に悩んでいる人は意外に多くなっていて、男性特有の悩みということでもないそうです。発毛対策や育毛対策を行っても、前頭部の薄毛は治りにくいそうなので、前頭部が薄いことはかなりまずい状況であると考えられます。

 

こうした特徴に当てはまるなら、それなりに対策をしておかないと、進行してしまうこともあるので注意しておいた方が良いでしょう。薄毛は先天的な体質もありますが、生活習慣が大きな影響を与えていますので、規則正しくしっかりとした生活をすることが大切です。

 

薄毛は誰から遺伝する?

 

薄毛、特に男性型脱毛症の原因のひとつに、親からの遺伝があります。もしも両親に薄毛の遺伝子があれば、普通の人に比べて速いスピードで薄毛が起こることを覚悟する必要があります。よく、自分が薄毛になるかどうかの判断基準に自分の父親を考えてみることがありますが、それは半分正解で半分間違いです。

 

確かに父親の様子は将来の自分の姿を考える上では重要で、ある程度の年齢に自分がどのくらい髪の毛が残っているかを考える尺度としては正しいのですが、はっきりと薄毛と言われる症状に関しては、母親からの遺伝子がより薄毛に強い影響力を及ぼすらしい事がわかっています。

 

男性の場合は、薄毛遺伝子は父親からではなく母親から遺伝することになっています。というのは、男性においてX染色体を提供するのは母親の遺伝子で、薄毛遺伝子はこのX染色体に含まれているからです。

 

しかも、この遺伝子は母親のお父さん、つまり母方の祖父の影響を強く受けることがわかっています。ですから、母親の祖父を考えるべきで、それが一番正しい毛髪の将来を見通す方法です。薄毛は隔世遺伝だと迷信のようにささやかれることもありますが、あながち間違いでもないのです。

 

こうした薄毛になる遺伝子を有しているかどうかというのは、専門のクリニックで検査することで簡単に判断することができます。知っているか知らないかで、対策の本気度も大きく変わってくると思いますから、何か心配な兆候が見られたら、早めに検査を受けてみるのも良いかもしれません。

 

体臭が原因となる肝機能低下

 

私たちの肝臓は、常日頃、体の中の有害な毒素を分解し、無毒なものへと変えています。いわゆる解毒作用の働きがあります。食べ物等に含まれている臭い物質についても分解してくれるのです。普段、私たちが口にしている食べ物には多種多様の匂いがあり、それらを食べていても、それがダイレクトに体臭となってしまわないのは、このような肝臓の働きのおかげなのです。

 

ですが、お酒をたくさん飲み過ぎて肝臓を酷使してしまったり、肝疾患を抱えていたりした場合、肝機能が極端に低下してしまいます。このような状態になると、臭い成分を肝臓で分解することは難しくなってしまいます。そうなってしまうと、体内に残っている臭い物質たちは血液の中に取り込まれていき、体全体を巡ってしまいます。

 

そのうちに、その一部が汗と一緒に大概へ排出されるのです。それらはイコール、体臭となってしまいます。肝機能が低下したことによって生じる体臭は、まるでドブやカビのような独特の臭いがしてしまいます。

 

みなさん知っていると思いますが、肝臓は常に沈黙の臓器と呼ばれています。多少の病気ぐらいではわかるような症状を表すことなく、ひたすら黙って働き続けるのです。どうしてかというと、肝臓は私たちが生きていくのに欠かせない、とても重要な機能をたくさん担っているので、たとえ一部分が機能しなくなったとしても、再生することができるからなのです。

 

肝臓の再生能力はかなりのものです。手術で全体のおよそ70%を切除したとしても、4か月〜半年待てば大きさも機能も最初の頃と同じ状態に戻ると言われています。しかしながら、自覚症状が現れにくいということは、異変があると気づいた時では既に手遅れとなっていることも多いのです。

 

こちらもオススメ体臭サプリメントランキング徹底比較

 

老眼に良いサプリメントとは

 

サプリメントで老眼に効果があるものはないかと探している人もいると思いますが、一般的に老眼を予防できて、進行を止めることが出来る栄養素について紹介します。サプリメントの選び方と一緒に食生活などについても説明します。

 

老眼のためのサプリメントを選ぶ際に重要になるのは、どのような栄養素が配合されているかです。老眼に良いとされる栄養を紹介しますので、それらが含まれたサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

まず、アンチエイジング医療で注目されている、強い抗酸化作用があるアスタキサンチンです。これを摂取することで老化を抑制することができ、ピント調節機能の働きも改善していきます。白内障にも効果があるとされていますので老眼を予防したい方はアスタキサンチンが含まれているかどうか確認しましょう。

 

次に強い抗酸化作用はもちろんのこと血流改善や、毛様体筋の緊張を解すといった効果のあるアントシアニンという栄養素があります。ブルーベリーに多く含まれているということを知っておくといいでしょう。

 

ルテインもよく、眼科医も進める栄養素ですが、効果としては老化の進行を抑制するというものがあります。さらにDHA・EPAもドライアイの予防をしてくれて老化の原因に作用します。血液もサラサラにしてくれますので健康的にもいいでしょう。

 

最後に抗酸化作用があり老化を防ぎ、血管強化、血流促進、動脈硬化にもいいと言われているのがイチョウ葉エキスです。サプリメントを選ぶ際には上記の栄養素が含まれているのか確認をして購入するようにしてください。

 

便通はお腹だけの問題ではない

 

便通というのはお腹の調子ですから、お腹のことばかりが気になってしまいますが、実はお腹だけの問題ではありません。たとえば、人によっては緊張するとお腹の調子が悪くなる人がいます。便秘や下痢が生じてしまって、大事な場面で力を発揮できないこともありますよね。これはストレスによって自律神経に異常が生じ、腸の動きが活発になってしまったり、逆に調子が悪くなってしまうことによって生じています。

 

また、お腹を壊しているときというのは、お腹が冷えたりしませんか。お腹が冷える理由はいくつかありますが、たとえば、排便のために水分が集められている場合があります。腸内に悪玉菌が増えてくると、それを排出するために排便を行いますが、便の材料が無い場合は水分で押し流すようにします。

 

そのため、周囲から水分を集めるようにします。ですがこの時、水分の熱も一緒に集めてしまうためにお腹が冷たくなってしまうのです。お腹は内臓に特に近い部分ですから、基本的に温かい血液(水分)が回っていますが、その温かい水分が取られてしまうので冷たくなってしまうのです。

 

また普段から冷えがひどい人は、腸の働きが鈍くなってしまっていて便秘になっていることもあります。腸やその他の消化器官は、基本的に体温が高いときによく働くようになっています。低体温の人は臓器の働きが鈍くなりやすく、また悪玉菌も増えやすいのでお腹の調子が便秘にも下痢にも流れやすいのです。

 

このように、お腹の調子といいますが、全身の様々な部分から影響を受けています。逆に腸の調子がよくなると全身が恩恵を受けますから、ぜひ便通改善サプリでお腹だけでなく全身の健康改善を意識してくださいね。

 

ウコンでダイエットもできる

 

お酒が好きな方に人気のあるサプリメントのひとつがウコン商品です。このウコン、実は二日酔い防止だけではなく、ダイエットにも有効ということをご存知でしょうか。。

 

ウコンが二日酔い防止に有効なのは、胃の働きを活発にしたり、肝機能を高めてくれるからです。また胆汁の分泌をコントロールする働きがあり、肝臓の不調も整えてくれる効果があります。

 

ウコンにはクルクミンという成分が含まれていますが、実はこれ、細胞分裂を抑える作用や肝機能を高めるといった特殊な作用があるのです。これがダイエット効果にも働いています。

 

ウコンに含まれるクルクミンは、細胞分裂を抑制し、脂肪細胞が増えるのを抑制する効果があります。実は、実は脂肪細胞も増加することが最近わかり、放置しているとどんどん増えて太りやすい体質になっていくのです。

 

そして、ウコンは胆汁の分泌を増加させるため、この原料であるコレステロールを消費していきます。そのため、血液中のコレステロール濃度も低くなって血液の循環が良くなるのです。すると新陳代謝が上昇するようになるので肌にもよい影響がありますし、また冷えの解消にもなってさらに代謝アップに有効です。

 

肝機能を高めるという性質から、エネルギー代謝も向上するので、それによって糖質の消費なども促されるようになります。ですから、肝臓が元気になることでダイエットにも有効だと考えられるのです。

 

ウコンダイエットはウコンの摂取だけで良いので非常に簡単です。もしもウコンの摂取方法がわからない場合は、カレーを食べると良いでしょう。体もポカポカしてきて汗もかきますし、栄養バランスも良いので健康的でなお良いと思いますよ。

 

詳しくは>>>クルクミンサプリの口コミランキング@私のおすすめはこれでした。

更新情報・お知らせ

(2017/02/17)
アサイー商品の種類とそれぞれの特徴を更新しました
(2016/09/01)
一般家庭と飲食店の害虫駆除方法の違いを更新しました
(2016/07/07)
美白に大敵な紫外線を更新しました
(2016/04/22)
おすすめ酵素ドリンクを更新しました
(2016/04/22)
乾燥肌に必要なのは保湿を更新しました